2016年9月30日金曜日

【川柳ひろば】重度障がい施設で明るく前向きに生きる

このニュースブログや機関誌『ジェラニュース』でおなじみ(?)の「とんちゃん」(ペンネーム。「川柳ひろば」常連投稿者)はある福祉施設に昨年10月に入居され、折にふれ、鉛筆書きの便りと川柳をたくさん送ってくださいます。

最近、その施設内で川柳ファンが増えているというニュースが届きましたので、ご紹介します。

◇◆◇

川柳のファン増えた
とんちゃん

『とんちゃん川柳』を掲示してある所は私のいる2階と、4階の掲示板です。4階にはトレーニング用の平行棒があり、私も時々使用しています。ついでに川柳の新作ができると、古いのと交換していました。最近では面倒になって重ね貼りをします。

先日、施設内の理容室のA子さんが、「私、とんちゃんの川柳の大ファンなの」と言ってくれました。たまたまそこに理学療法士のB先生が通りがかって、「ちょっと、ファンの第一号は僕だからな」と言いました。

川柳の作品を書かなくても、まず関心を示すことで川柳作家が増えれば、時間はかかるけれど、それはそれでとても良いことです。

毎週お年寄りをショートステイに連れて来られて、掲示板の川柳を読んで帰られる利用者のご家族の夫婦に、たまたまお会いしました。「あなたが、とんちゃんでしかた」と感激された様子で、握手を求められました。

職員の方々からも「吹き出してしまった」「おもしろかった」などと好評をいただき、嬉しく思いました。

日常生活に大きな変化はないけれど、それをコミカルに、そしてリズミカルに詠みたいと思います。

  • 具沢山食べきれなくてもうたくさん
  • 舌鼓(したつづみ)打ってそのあと腹鼓(はらづつみ)


そして今日の一句が次のものです。

  • むせる人食べて嬉しい無洗米
*むせる人も、この無洗米を食べればむせなくなるのではないか、という単純な発想です。食欲の増す季節なので、食べることにやはり目が移ります。

重度の障がいを持つ施設内で少しでも皆が明るく前向き志向で過ごせる場の提供に協力したいと思いました。句が面白く笑ってもらえるのが私の喜びでもあります。

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。


【関連リンク】

2016年7月26日火曜日

第7回川柳ひろば入選句発表!

下の三句が入選句として選ばれました(柏木哲夫・選)。入選した方にはプレゼント(粗品)をお送りします。

<最優秀賞>
  • これいいね本当ねいいねどうでもね (とんちゃん)
<優秀賞> 
  • 空腹で聖餐のパン多く取る (マルセリーノ)
  • みなスマホ赤ちゃんだけがこちら見る (青きドナウ)

今回の投句分(2016年3月~6月にJELAに届いたもの)には次のような作品もありました。(川柳ひろば管理人選、柳名略、景品なし)
  • やれることすべて健康次第です
  • 代表になれたが五輪(ごりん)ありまんの?
  • 母の日にカーネーションを置く墓石
  • マスキング一度はしたい女房にも
  • 無駄遣いする子が知事を慰める
  • 釣りは要らぬと胸張る男五円だけ
  • まず離脱それから先を考える
  • 新幹線たこ焼き充満大阪発
  • 川柳ならおれでもできると四句八句

JELAは皆様からの投句を随時受け付けています。7~10月、11~2月、3~6月にJELAに届いた中から、柏木哲夫先生が最優秀1句、優秀2句ずつをお選びになり、それぞれ12月、4月、8月発行のジェラ・ニュースおよびJELAのホームページの川柳ひろば欄に掲載します。皆様のユニークな作品をお待ちしています。(川柳ひろば管理人・森川博己)


◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。


【関連リンク】

2016年4月6日水曜日

多文化共生川柳カルタ ~~まとめ~~

多文化共生川柳カルタのまとめです。「尾張小町」は、北奥順子、近藤公彦、近藤淳宗、柴田睦美、鉃井宣人、人見泰弘の皆さんです。どんな川柳が飛び出すか、お楽しみください。

◇◆◇


多文化共生川柳カルタ(あいうえお)

多文化共生川柳カルタ(かきくけこ)

多文化共生川柳カルタ(さしすせそ)

多文化共生川柳カルタ(たちつてと)

多文化共生川柳カルタ(なにぬねの)

多文化共生川柳カルタ(はひふへほ)

多文化共生川柳カルタ(まみむめも)

多文化共生川柳カルタ(やゆよ) 

多文化共生川柳カルタ(らりるれろ)

多文化共生川柳カルタ(わをん) 


◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】

多文化共生川柳カルタ(わをん)

いよいよ多文化共生川柳カルタの最終回です。今回の作句を担当する「尾張小町」は、北奥順子、近藤公彦、近藤淳宗、柴田睦美、鉃井宣人、人見泰弘の皆さんです。全員集合のイラストが嬉しいですね。

◇◆◇

ワ わたしたち国境越えてもラブラブよ
日本全体で夫婦の一方が外国籍である婚姻件数は、2万組以上ありました(2013年の数字)。国境を終えた出会いも広がっていますよ。

ヲ 蚊を(かを)と顔(かお)聞いただけではわからない
日本語の「を」と「お」は、発音が同じです。現代語では助詞の場合に「を」、そうでない時は「お」と表記するのですが、「かをたたく」と「かおたたく」では、外国人が耳で聴いただけではわかりにくいようです。


ン 「ン」始まりわたしの名前受け取らず
名前がンで始まる外国籍の方が、ンの名前では対応できないと窓口で言われ、公的な証明書を発行してもらえなかったそうです。ンで始まる名前は日本ではないかもしれません。とはいえ、世界を見わたせば、そうでもないようです。

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】

2016年3月24日木曜日

第6回川柳ひろば入選句発表!

下の三句が入選句として選ばれました(柏木哲夫先生選)。入選した方にはプレゼント(粗品)をお送りします。

<最優秀賞>
  • 「五郎丸」船の名前か爺は聞く(うなたろう)
<優秀賞> 
  • やつ当たり目方減らぬと秤蹴る(安藤淑子)
  • メーキャップ未完成のまま下車してる(泉 洋子)

今回の投句分(2015年11月~2016年2月にJELAに届いたもの)には次のような作品もありました。(川柳ひろば管理人選、柳名略、景品なし)
  • ただいまの笑顔の瞳紅葉の手
  • 虫嫌いこっそり食べた茶碗蒸し
  • 作者には嬉し悲しの海賊盤
  • 隣席の妻とラインで会話する
  • 遺産好きそれじゃ持ってけ負の遺産
  • 賀状減り喪中はがきの数増して
  • 人の分ボケたふりしてみなたべた
  • 盗難車自動操舵で警察署
  • 初陪餐パンが固いと文句言う
  • 年金にも賞与のほしいクリスマス
  • ストレスでたくさん食べてまた悩む

JELAは皆様からの投句を随時受け付けています。7~10月、11~2月、3~6月にJELAに届いた中から、柏木哲夫先生が最優秀1句、優秀2句ずつをお選びになり、それぞれ12月、4月、8月発行のジェラ・ニュースおよびJELAのホームページの川柳ひろ
ば欄に掲載します。皆様のユニークな作品をお待ちしています。(川柳ひろば管理人・森川博己)


◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。


【関連リンク】

2016年2月2日火曜日

異文化川柳カルタ ~~まとめ~~

作句者「羊野さんぽ(柳名)」さんによる異文化交流川柳カルタのまとめです。作句者は、四半世紀前にオセアニア1か月と北米6か月間のホームスティを含めて合計28か月間、異文化を覚える生活を経験されています。またイスラエルをはじめ8か国を旅行なさっています。豊富な体験からどのような川柳が飛び出すか、お楽しみください。

◇◆◇

【異文化交流川柳カルタ~まとめ~】

異文化交流川柳カルタ(あいうえお)

異文化交流川柳カルタ(かきくけこ)

異文化交流川柳カルタ(さしすせそ)

異文化交流川柳カルタ(たちつてと)

異文化交流川柳カルタ(なにぬねの)

異文化交流川柳カルタ(はひふへほ)

異文化交流川柳カルタ(まみむめも)

異文化交流川柳カルタ(らりるれろ)

異文化交流川柳カルタ(やゆよ)

異文化交流川柳カルタ(わをん)

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】

2016年2月1日月曜日

多文化共生川柳カルタ(らりるれろ)

作句担当(コメントも)の「尾張小町」さん、今回のメンバーは北奥順子、近藤公彦、近藤淳宗、柴田睦美、鉃井宣人、人見泰弘の皆さんです。

イラストは、川柳ひろば管理人・森川博己さんをイメージしたものだそうですが、本人は「もう少しハンサムでは?」と渋々ながら掲載を許可いたしました。ちなみに「博己」のルビは「ひろみ」と打ちます。

◇◆◇

ラ 楽じゃない家と学校使い分け
外国人の子どもは、家庭では両親と母語で会話し、学校では先生や友達と日本語で会話します。家と学校で異なる言語を使い分けています。

リ 立候補ここまで住んで権利なし
日本では外国人参政権は認められていません。どんなに長く日本で暮らしていても、外国籍住民が選挙で投票に行ったり、立候補したりすることはできないのです。

ル ルビ付きは最低限のマナーです
交通標識から入試問題まで、外国籍住民にもわかるようなルビ付き表示が求められています。ルビ付きになれば、出身国も年齢も問わずに、多くの人たちが情報を得やすくなりますよね。

レ 「歴史」では教えてくれないマイルーツ
学校で「歴史」を学ぶとき、それは日本人の歴史が中心です。ところが、教室のなかには外国にルーツを持つ外国人生徒もたくさんいます。彼らにとってのルーツを学ぶ機会も求められています。

ロ 労働に国籍関係ありますか
 外国人だからと言って、賃金や社会保障で違いを設けるのはなぜでしょうか。同じく働く人間として、制度的な違いはなくすべきではないでしょうか。

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】