2016年7月26日火曜日

第7回川柳ひろば入選句発表!

下の三句が入選句として選ばれました(柏木哲夫・選)。入選した方にはプレゼント(粗品)をお送りします。

<最優秀賞>
  • これいいね本当ねいいねどうでもね (とんちゃん)
<優秀賞> 
  • 空腹で聖餐のパン多く取る (マルセリーノ)
  • みなスマホ赤ちゃんだけがこちら見る (青きドナウ)

今回の投句分(2016年3月~6月にJELAに届いたもの)には次のような作品もありました。(川柳ひろば管理人選、柳名略、景品なし)
  • やれることすべて健康次第です
  • 代表になれたが五輪(ごりん)ありまんの?
  • 母の日にカーネーションを置く墓石
  • マスキング一度はしたい女房にも
  • 無駄遣いする子が知事を慰める
  • 釣りは要らぬと胸張る男五円だけ
  • まず離脱それから先を考える
  • 新幹線たこ焼き充満大阪発
  • 川柳ならおれでもできると四句八句

JELAは皆様からの投句を随時受け付けています。7~10月、11~2月、3~6月にJELAに届いた中から、柏木哲夫先生が最優秀1句、優秀2句ずつをお選びになり、それぞれ12月、4月、8月発行のジェラ・ニュースおよびJELAのホームページの川柳ひろば欄に掲載します。皆様のユニークな作品をお待ちしています。(川柳ひろば管理人・森川博己)


◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。


【関連リンク】

2016年4月6日水曜日

多文化共生川柳カルタ ~~まとめ~~

多文化共生川柳カルタのまとめです。「尾張小町」は、北奥順子、近藤公彦、近藤淳宗、柴田睦美、鉃井宣人、人見泰弘の皆さんです。どんな川柳が飛び出すか、お楽しみください。

◇◆◇


多文化共生川柳カルタ(あいうえお)

多文化共生川柳カルタ(かきくけこ)

多文化共生川柳カルタ(さしすせそ)

多文化共生川柳カルタ(たちつてと)

多文化共生川柳カルタ(なにぬねの)

多文化共生川柳カルタ(はひふへほ)

多文化共生川柳カルタ(まみむめも)

多文化共生川柳カルタ(やゆよ) 

多文化共生川柳カルタ(らりるれろ)

多文化共生川柳カルタ(わをん) 


◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】

多文化共生川柳カルタ(わをん)

いよいよ多文化共生川柳カルタの最終回です。今回の作句を担当する「尾張小町」は、北奥順子、近藤公彦、近藤淳宗、柴田睦美、鉃井宣人、人見泰弘の皆さんです。全員集合のイラストが嬉しいですね。

◇◆◇

ワ わたしたち国境越えてもラブラブよ
日本全体で夫婦の一方が外国籍である婚姻件数は、2万組以上ありました(2013年の数字)。国境を終えた出会いも広がっていますよ。

ヲ 蚊を(かを)と顔(かお)聞いただけではわからない
日本語の「を」と「お」は、発音が同じです。現代語では助詞の場合に「を」、そうでない時は「お」と表記するのですが、「かをたたく」と「かおたたく」では、外国人が耳で聴いただけではわかりにくいようです。


ン 「ン」始まりわたしの名前受け取らず
名前がンで始まる外国籍の方が、ンの名前では対応できないと窓口で言われ、公的な証明書を発行してもらえなかったそうです。ンで始まる名前は日本ではないかもしれません。とはいえ、世界を見わたせば、そうでもないようです。

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】

2016年3月24日木曜日

第6回川柳ひろば入選句発表!

下の三句が入選句として選ばれました(柏木哲夫先生選)。入選した方にはプレゼント(粗品)をお送りします。

<最優秀賞>
  • 「五郎丸」船の名前か爺は聞く(うなたろう)
<優秀賞> 
  • やつ当たり目方減らぬと秤蹴る(安藤淑子)
  • メーキャップ未完成のまま下車してる(泉 洋子)

今回の投句分(2015年11月~2016年2月にJELAに届いたもの)には次のような作品もありました。(川柳ひろば管理人選、柳名略、景品なし)
  • ただいまの笑顔の瞳紅葉の手
  • 虫嫌いこっそり食べた茶碗蒸し
  • 作者には嬉し悲しの海賊盤
  • 隣席の妻とラインで会話する
  • 遺産好きそれじゃ持ってけ負の遺産
  • 賀状減り喪中はがきの数増して
  • 人の分ボケたふりしてみなたべた
  • 盗難車自動操舵で警察署
  • 初陪餐パンが固いと文句言う
  • 年金にも賞与のほしいクリスマス
  • ストレスでたくさん食べてまた悩む

JELAは皆様からの投句を随時受け付けています。7~10月、11~2月、3~6月にJELAに届いた中から、柏木哲夫先生が最優秀1句、優秀2句ずつをお選びになり、それぞれ12月、4月、8月発行のジェラ・ニュースおよびJELAのホームページの川柳ひろ
ば欄に掲載します。皆様のユニークな作品をお待ちしています。(川柳ひろば管理人・森川博己)


◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。


【関連リンク】

2016年2月2日火曜日

異文化川柳カルタ ~~まとめ~~

作句者「羊野さんぽ(柳名)」さんによる異文化交流川柳カルタのまとめです。作句者は、四半世紀前にオセアニア1か月と北米6か月間のホームスティを含めて合計28か月間、異文化を覚える生活を経験されています。またイスラエルをはじめ8か国を旅行なさっています。豊富な体験からどのような川柳が飛び出すか、お楽しみください。

◇◆◇

【異文化交流川柳カルタ~まとめ~】

異文化交流川柳カルタ(あいうえお)

異文化交流川柳カルタ(かきくけこ)

異文化交流川柳カルタ(さしすせそ)

異文化交流川柳カルタ(たちつてと)

異文化交流川柳カルタ(なにぬねの)

異文化交流川柳カルタ(はひふへほ)

異文化交流川柳カルタ(まみむめも)

異文化交流川柳カルタ(らりるれろ)

異文化交流川柳カルタ(やゆよ)

異文化交流川柳カルタ(わをん)

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】

2016年2月1日月曜日

多文化共生川柳カルタ(らりるれろ)

作句担当(コメントも)の「尾張小町」さん、今回のメンバーは北奥順子、近藤公彦、近藤淳宗、柴田睦美、鉃井宣人、人見泰弘の皆さんです。

イラストは、川柳ひろば管理人・森川博己さんをイメージしたものだそうですが、本人は「もう少しハンサムでは?」と渋々ながら掲載を許可いたしました。ちなみに「博己」のルビは「ひろみ」と打ちます。

◇◆◇

ラ 楽じゃない家と学校使い分け
外国人の子どもは、家庭では両親と母語で会話し、学校では先生や友達と日本語で会話します。家と学校で異なる言語を使い分けています。

リ 立候補ここまで住んで権利なし
日本では外国人参政権は認められていません。どんなに長く日本で暮らしていても、外国籍住民が選挙で投票に行ったり、立候補したりすることはできないのです。

ル ルビ付きは最低限のマナーです
交通標識から入試問題まで、外国籍住民にもわかるようなルビ付き表示が求められています。ルビ付きになれば、出身国も年齢も問わずに、多くの人たちが情報を得やすくなりますよね。

レ 「歴史」では教えてくれないマイルーツ
学校で「歴史」を学ぶとき、それは日本人の歴史が中心です。ところが、教室のなかには外国にルーツを持つ外国人生徒もたくさんいます。彼らにとってのルーツを学ぶ機会も求められています。

ロ 労働に国籍関係ありますか
 外国人だからと言って、賃金や社会保障で違いを設けるのはなぜでしょうか。同じく働く人間として、制度的な違いはなくすべきではないでしょうか。

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】

異文化川柳カルタ(わをん)

作句とコメントを羊野さんぽさんが担当する異文化川柳カルタも、いよいよ今回が最終回となりました。のこり3句を掲載した後、さんぽさんからのコメント(お別れのあいさつ?)がございます。

◇◆◇

)別れぎわ再会信じ天あおぐ
短期間であっても良い交流の後は名残惜しくなります。交流プログラムでホームスティしたり個人的な滞在でお世話になったりしたご家庭の多くはクリスチャンでした。キリストにある者同士ならば、やがて天にて再会する希望があります。その時には、感謝の言葉と笑顔がたくさん交わされるのだろうなぁ……と楽しみです。

)異文化を知って避けたり真似したり
「Thank Eaw」(写真はポチ袋ではありません)
海外はもとより日本国内でも、心が悲鳴をあげるような報道が増え、ソドムとゴモラを想起させるような異質な風潮が急増し、次の時代が近づく足音を意識せざるを得ない昨今。悪を避け、好ましい文化・習慣だけを取り入れるためにも、我が「足のともしび」「道の光」である聖書を正しく読み、祈り、その教えを適用できる者でありたいです。

)寝台(しだい)に残す温もりポチ袋
日本にも系列があるホテルでのスイートルーム清掃の短期アルバイトでは、乱雑な使用感だけが残され、時間内に作業を終えるのが大変な客室もありました。そんな折、一度、日本人観光ツアー客によって「ありがとう」と書かれた可愛らしい絵柄のお年玉袋が置かれてあり、気持ちが和みました。チップ制度のない国でしたので報告すると、「とっておきなさい」と笑顔で言ってくれました。全てをご存じの神さまが励ましてくれているかのようで、二度、心が温かくなりました。

◆◇◆

<異文化川柳カルタを作り終えて>
2014年末頃に管理人森川氏より頂いた資料の中からカルタというヒントを得た後、異文化体験をテーマにしたらどのようなものが出来るのだろうかと、風化し始めていた経験をもとに詠みました。

他のシリーズのようにチームで作る良さは味わえませんでした。けれども、ブログに掲載とのお話をいただき句の多くを作り替えるうちに、数々の新鮮な自然環境および出会った方々との喜怒哀楽が思い起こされました。

そして、それらすべてが『主の良くしてくださったこと・計らい・恵み』であり、また、単なる回顧録ではなく、図らずも『主のすばらしさ・恵み深さを、味わい』過ごしてこられた歳月を、神さまの視点を覚えつつ改めて『見つめ』直す時間に変えられたのです(詩篇103:2、34:8a)。

ですから、途中からは、どのような経験や現状や人の声よりも『~イエスから目を離さないでいなさい』(ヘブル12:2a)と働きかけておられる聖霊の囁きを覚え、神さまに読んでいただければという心持ちで書き、助け主によって最後までお届けできたものと、主なる神さまへの感謝が深まることとなりました(その意味では、46句に統一するため、二つの句、特に「ゐ」の句とコメントが省略され残念)。

JELA「川柳ひろば」を散歩し終えるにあたり、拙句に目を通してくださった皆様へ、そしてご多忙のなか長期に亘るやりとりでお世話になりました川柳ひろば管理人ならびに補佐担当の方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。

  キリストにあって
羊野さんぽ

◆◇◆

◆「川柳ひろば」の投稿先:
   日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
   住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26 
   FAX:03-3447-1523
   E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。

【関連リンク】